目の下にたるみができる原因|コンプレックスを改善できる!植毛をするメリット

目の下にたるみができる原因

ウーマン

老化によって

年を取ると目の下にたるみができます。そのたるみは、老けたように見られる原因となります。目の下にたるみができる原因は肌と同じように、通常は表皮の下にある真皮にコラーゲンなどが蓄えられ、それが支えとなり肌の弾力やハリのある肌を保っています。しかし、老化が進むと、表皮を支えている弾力とハリにへこみができ、たるみになってしまいます。目の下は皮膚が薄い為特に目立ちやすく、老けて見える印象の原因となります。

眼窩脂肪が原因のたるみ

眼鏡を支える靭帯があるのですが、その靭帯がゆるむことによって、目の周りの皮膚や筋肉がゆるみます。それにより、目の下がぷっくりと膨れてしまいます。また、青クマや茶クマが目立つ原因も眼窩脂肪が突出が原因と言われています。目の下のふくらみは、老化だけが原因ではなく、顔のたるみが原因です。顔がたるむと年齢が進むにつれ、突出してくるので注意してください。

たるみを対策する方法

目の下のたるみを対策する方法は簡単にできます。目の周りの筋肉は弱いので、意識してマッサージや運動をしましょう。それをすることによって、筋肉が発達するため、目の下のたるみを解消することができます。その他にも、水分を補充してあげることによってコラーゲンの水分量を増やすことができ、ハリのある肌を保つことができます。簡単にできる対策なので、ぜひ試してみて下さい。また、美容外科で手術を行うことも出来ます。